ナンバガのライブ映像を見て、
卒研の資料を前に、淡々とこなそうとしている状況に、
うわあああってなった。無常か。
ごく親しい友人と、多くの夢を語らったけれど、
あれは終わったのか。
いや、終わってないと思いたい。
続きはいつだって見られる。
ロックンローラーになれよ。
そう信じて今日も今日とてWordと戦うのである。

選挙結果について

大方の予想通り、民主圧勝
個人的には、公明の影が大分薄くなったことを喜ぶのみ。
自民には、ここでしっかり公明を切って、自力でやっていってほしい。


http://www.47news.jp/CN/200908/CN2009083001000717.html


ここにもある通り、前回衆院選よりも高い投票率で、
国民の注目度は、以前よりも高かったと推定できる。
けれど、まだ30%を超える人が投票していない現実をどう考えるか。
実質的には結局、8月末の日曜日に立候補者や投票所を調べて、
律儀に投票に行くのは、元から関心がある層、あるいは暇してる爺婆やワイドショー視聴者なわけだ。
こういう投票率が相も変わらず続いていったとして、
無投票者は、いざ歳を経てから、我が身に降りかかってから、不平不満を言うつもりなのか。


と、ここまで言いながらも、元から無関心な層に働きかけるのは非常に難しい。
いくら関心を抱かせる場を提供しようとしても、
いざその場に集まるのは、わずかながらすでに関心・意欲を持っている層だ。
そのわずかな関心・意欲さえない層を、どう巻き込んでいくか。
これが今後、政治においても重要になってくるはず。
その意味で、ブログやウェブサイトでの選挙活動や、ウェブ投票も解禁していくべきだ。

若年層の政治参加に物思う

今月30日に衆議院選挙が開かれる。


僕の同世代を含め、若年層の投票率の低さは以前から言われている。
ここで、改めてこれについて考えたい。


現在、我が国は少子高齢化が進んでいる。
これは、若年層のそもそもの母体数減少を意味する。
つまり、将来的にはそもそも選挙権、被選挙権を持つものの割合が、
より中高年層に傾くということになる。
既に、我が国では若年層の投票率が低いわけだから、
この傾向が続けば、若年層の声が政治に届きづらくなる。
これは危険な傾向だ。若年層自体が弱者となることを意味するのだから。


政治は、今を創るというだけのものではない。
過去を反省し、今を正し、未来を描くものだ。
当然この未来を生きるのは、我々若年層が中心になってくる。
その未来について考えているのが、中高年層だけであっていいはずがない。
今後、現在の若年層によって支えられる世代の意見ばかりが、政治に反映されるのは不公平だ。
当然少子高齢化の時代、我々の負担は増す一方であり、
国内において、一票の格差も大きい。
だからこそ、若年層も共に考え、行動し、意見していかなければいけない。
自らが中高年層になってからでは、もう遅い。

麻生おろしが止まらない、なんてテレビで言っていたけど、
何他人事みたいに言ってんだこいつっていうね。
完全にお前らがその一端を担ってんだろ。

ということで、好評の中惜しまれながら2回で終了した就活勉強日記ですが、
今後は自分の就活について、何かあれば書いていこうと思います。
次の更新は遅くても来年です。

早速書き忘れるというお決まりの展開を経て、今日から書く。

SPI3テーマ
人文科学2テーマ
社会科学1テーマ
世界史10P

以上完。
ゼミとカテキョがあったにしては、頑張ったほうだよね。という言い訳つき。